×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

03.噂のヤフオク情報商材とその運用のための心構え


一部のブログや掲示板で、メッタメタに叩かれているヤフオク情報商材「実際に会って指導する」商材は、「本当にダメな商材なのか」という疑問も投げかけられているようです。
これは定評のある情報商材レビューサイトで、反対に稼げる商材として紹介されていることからも、出てきて当然の疑問だと言えるでしょう。

これについては私自身も興味をもって見ていたのですが、この商材のセールスレターをじっくり見ると、その内容は「私の指導やサポートのもとで、共同作業をしながら稼ぎませんか」という呼びかけだと感じました。

もちろんどの情報商材のセールスレターも一種の呼びかけですが、その他の情報商材に比べてこの商材のレターには、たたみかけるような、執拗な誘導はほとんどないと言っても良いでしょう

そして「購入をお断りする方」「注意事項」という部分が、冒頭の赤字を除けばいちばん目立つ太字で書かれています。はじめから購入する人(共同作業をする人)を選んでいるのでしょう。
さらに出張指導料が15万円という値段です。これは本気でやってみようという方でなければ決断できない金額です。つまり購入金額においても、ふるいにかけて入り口を狭くしている訳です。

私はこの商材の購入者でもなければ実践者でもありません。
ただ、本商材の注意事項に目を通すかぎり、15万円の出張指導料に同意できて購入を決められて方が、ちょっと試してみて合わなかったと言う程度の理由でこの商材を「詐欺商材」と決めつけることはなかなかできないのではと思ってましまいます

もし商材購入後、この出品者が指導に現れなかったり、共同作業においても継続するとしている指導やサポートを行わなければ、これはもう詐欺としか言いようがありません。

しかるべき手順を踏んで捕まえられても文句の言いようがないでしょう。

しかし批判の内容を見ても指導やサポートを怠ったというものは見当たりません。

それに本商材は商材購入の元が取れるまで稼ぐことができた後は、稼いだ収益の2割を支払うことでサポートを継続できるとしています。
出品者であるこのノウハウの作者は、レターのなかで100%稼げることを保証するものでないと明記していますが、元がとれた後のサポートは、収益の2割を支払うと言うことは、確実に稼げる自信があるからそういう取り決めをしているのでしょう。

しかも収益の2割を支払えばサポートはずっと継続していくというわけですから、出品者は購入者の前から姿を消してしまうことがないと言うことです。
自分の編み出したノウハウで稼がせるる自信がなければ、このようなシステムは組めないはずです。

とにかく本商材の出品者が、この商材のキモとも言える、指導やサポートをしなかったと言う事実はないようですから、感情的な理由だけで詐欺呼ばわりしている今の批判あり方は、間違っているとしか言いようがないと思うのです。
恐らくこの商材で共同作業をすれば、間違いなく稼げるのでしょう。それでもこうした感情的な批判が生まれてくるのは、思ったよりその作業が大変だからなのではないでしょうか。

噂のヤフオク商材と返金



実際に会って指導する」」情報商材の批判のなかでかならず出てくるのが、「返金に応じない」というものです。
ただこれについては新バージョンのレターを見ると「商品の性質上、返金の義務を一切おわないことと致します。」となっています。ですから返金に応じないと言う批判は旧バージョンなどのレターで「返金できない旨」が記載されていなかったのかも知れませんね。

また、いろいろな情報を検索してみると、毎日取り組む作業時間と定期連絡をする取り決めもあったようです。ですからやるべき作業もこなさず、定期連絡もしていない方は、返金に応じられないというのが結論のようですね。

まあ少々厳しいとも感じますが、共同作業に参加してくれた購入者を稼がさなくてはならないというプレッシャーのなかで、ビジネスに取り組んでいる出品者の立場を考えると、当然とも言えると思うのです。

もちろん出品者は100%稼げることを保証していませんし、個人差がある点も認めているのです。でも最低でも購入した金額分は稼がさないといけないと言う思いで、取り組んでいると思います。
だからこそ、元が取れたあとは、自分の収益から2割拠出して共同作業を継続するかどうかを決めて下さいとしているのだと思うのです。

イーブックダウンロード後は、後は皆さんで頑張ってくださいで終われる商材ではないので、本商材の出品者のプレッシャーは相当なものだと思いますね。
それなのにネットだからラクして稼げて当然と言わんばかりに、ちょっと入力作業がハードというぐらいで根をあげて、今度は被害者風情で返金要求してくるようでは、誰だって相手になんかしてられないのではないでしょうか。
そんなことがまかり通ったら、ネットビジネスの参加者は社会に適合できない意志薄弱者の集まりだと言われても仕方がないでしょう。

本商材に限らず情報商材を購入する方は、その点をよく考えてみなければいけません。
インターネットだからといってラクして稼げると言う訳ではないことは、ほとんどの方が理解できていると思うのですが、そこをまだ勘違いしている方は、ご自分のためにも、マインドを早く変えてしまうことをおすすめします。

そうしないと、いつまでたっても詐欺商材を掴まされたと思ってしまう不幸が、今後もずっと繰り返されることなることは目に見えています。

新バージョンでは作業ノルマは全くないようですね



新バージョンのレターを見るかぎり、購入者が取り組む作業にノルマないようです。本気で取り組みたい方は1日10時間、14時間と頑張っても良いですし、1日1時間でも良いということです。
ただし1日1時間やる方と2時間やる方では、その差は2倍に広がると言うことです。運などに左右される要素が少なく、取り組んだ作業量に応じて収益が拡大するのがこの商材の特徴だと言うことです。

その代わり返金には応じられないということですから、その点は覚悟の上、この共同作業に参加するかどうかを判断しなければいけません。
情報コンテンツをインターネットで自主的に購入すると言うことは、訪問販売のような不意打ちのセールスではありませんので、クーリングオフが適用されません。その点も理解しておく必要があるでしょう。

興味のある方は、「まずメールで問い合わせて下さい」とレターにも謳われています。メソッドの中身に関することは聞けないでしょうが、どの程度の作業になるのかを確認することはできるのではないでしょうか。

いろいろ自分で調べて見ると、まじめに取り組んでいる方は実績を出し続けているようですので、やる気がある方なら、かならず稼げる商材なのでしょう。ただし、ラクして稼げるものではないことは間違いないようです。

でも2万も3万も出して、1回か2回読んだだけで結局実践できず、いつまでも稼げないまま何年も無駄にしている人もいるのではないでしょうか。そういう方でも、元々やる気があるという方なら、こういう実践型のメソッドは合っているかもしれませんね。
作業ノルマはありませんが、手元にイーブックがあるわけでもないので、実践しなければ格好もつきません
共同作業をベースに取り組みますので、ひとりで孤独に取り組むことが多いネットビジネスにしては、非常にユニークな方法ですよね。ですから、何か束縛がないと、作業を続けていくことができないという人にもこの商材の進め方は合うのではないでしょうか。

前の記事へ 次の記事へ